スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこもかしこも・・・。

Posted by そらまめ on 03.2010 4 comments 0 trackback
初めての巻物。【恵方巻き】である。
数年前までは周囲にそんな文化はなかったはずなのに、朝から晩まで
貴の乱やら廃業やら解雇宣告だの相撲騒動(←思わず毒を吐きたくなる大好物
の話題・失笑)の合間に『今年は西南西です』とニュースで流れておりました。

作る予定ではなかったのに、夕方、姉上から恵方巻きの写メが・・・。
さすが関西です。
朝からママ友の話題が『今日は何を巻く?』だそうで。(笑)

しばし考え、初めての恵方巻きにチャレンジ☆
酢飯は作ったことがないので、梅肉で応用。
種を除いた梅干を細かく刻んでカツオ節と一緒にご飯に合えました。
海苔一面に梅肉ご飯をのせ、豚生姜焼き(玉葱スライスと一緒に焼きます)
とサニーレタス
を巻くだけ。
予想では中心に肉が来るはずでしたが、なんでかパックマン。(汗)
ちょいとボリュームオーバーで応急処置。少し海苔を足して巻きました。

我ながらイケルと思った。(出た!自画自賛!!失笑)


ちなみに生姜焼きの豚肉は、モサモサと食べれなくなったリンゴを1個使って
(我が家は昔からリンゴ屋さんで大量に買い付けるので・カレーにも入れたり)
たっぷり生姜と醤油と酒で1日漬けておいたものを2枚ほどに分けてラップして
冷凍しておきます。
安売りの時に豚肉を多めに買ってきて味つけして冷凍しておけば、ご飯を作る
のが面倒な時や(急な酒のつまみ)
お弁当にも使えるので常備しております。
ビバ☆豚肉!!


で、恵方巻きってどんな効果があるの?
スポンサーサイト

朝から晩まで・・・。

Posted by そらまめ on 13.2009 6 comments 0 trackback
せっかくの三連休、天気が不安定なせいか(?)ほとんど引き篭もってました。


朝は6時からの漫画喫茶のモーニングで11時まで時間いっぱい引き篭もり。
午後からは買ったばかりのゲームソフトでひたすら引き篭もり。(秋ですなぁ)
夜は夜でビール片手に録画しておいた外国ドラマで引き篭もり。

そんな休日を過ごした2日目辺りから・・・・うおぅ・目が痛い。(汗)


元々寝坊助な私、漫画喫茶に行くと決めると夜中に何度も目が覚めてしまう。
どんだけ??どんだけ遊び人間なんだろう?
学生の頃は居間のテレビしか使えなかったので、毎週末に朝の5時に起きて
ゲームをしていたという不要な集中力の持ち主でした。
嗚呼、なんて成長のない私!
このパワーを他に生かして欲しいものだと親に言わせたオンナでございます。
増えた装備はアルコールのみ。
(チャラララララッタタッター♪そらまめは【遊び人】になった。特技・飲み放題を覚えた。)


はい、そんな訳で毎年秋のお楽しみ。(夏は緑缶のスパークリング☆)
【白麒麟】ですよ。久々の発泡酒。
パッケージは以前の青がスキでしたが、名前に『白』がついているためか?
雪色に変わってしまい、何だかメルヘンチックですなぁ。(←オヤジ?)
モチロン、絶賛ダイエット中なので食べ物はコレだけですよ。
(飲んでいる時点でアウトのような気がするが・・・)
最近ハマリのダイエット食材、エノキを使った【青椒肉絲(チンジャオロース)】です。
たけのこ苦手。(汗)
かさ増しにもやしもいれてありますが。(失笑)

最近、料理の話が多いですが・・・なんつーか、頭を使いたくないというか・・・
別にネタがないわけじゃないからねっ!!
(そして目を逸らしてみる・失笑)

作り方は簡単。
名前の通り、基本のピーマン豚肉細切りにしておく。
日本ではこの他にたけのこや豚肉の代わりに牛肉を使ってますがお好みで。
調味料は鶏ガラスープ(の素を使ってます)3/4カップ程度、醤油が大さじ1に
オイスターソース小さじ1、酒・砂糖・胡椒少々。
なんて言うか・・・テキトーで。(笑)
豚肉に片栗粉を軽くまぶしてからカリッと焼いて(あまりグチャグチャ混ぜない)
寄せて置き、他の食材を炒めた最後に調味料と一緒に合わせて完成。
強火でイッキに煮詰めていくとスープに少しとろみが出てきます。
それを過ぎると今度はエリンギから水分が出てくるのでテキトーなところで。

はぁ・・・・・。
今夜は飲まないって決めたのに、記事書いていたら飲みたくなっちゃった。
困った×2。(失笑)

いい香りです。

Posted by そらまめ on 10.2009 8 comments 0 trackback
ダイエット企画というより・・スキだから食べるの。(なんだそれ?)

そんな感じで、まさに今が旬の食用菊を購入してきました。(美肌効果を期待!)
これで88円。 かわいい・・・。
いちごパックより大きめなサイズに花がパンパンに詰まってます。
何個かな10個以上は入っていたかな。
以前、ケンミンショーで紹介されてた時にスタジオが驚いていたことに驚いた。

・・・・・・・・・・・・・花、食べますよ?(あくまでも食用)

とりあえず、これを花びらだけをプッチプチ抜いていきますよ。
てんこ盛り。 ザッと水洗い。なかなか水に沈まない。
最初から最後まで【包丁いらず】ってのが私の心をくすぐります。(失笑)
大きめの鍋にお湯をわかして花を湯がきます。
を少し入れておくのがポイント。色が鮮やかな黄色になるらしいです。
あとはザルにあけて、水で熱をとったらギューーーーーッと絞って出来上がり。

私はおひたし派。完成。 お醤油を少々。
口の中に広がるほのかな甘さと菊花の香り、そして何よりも
柔らかく繊細な花びらの食感
私は堪らなくスキなのです。
一緒にほうれん草のおひたしを添えると一層華やかな食卓に。
まるでここだけ『春のお花畑』や~☆(誰?)

その他、きゅうりの酢の物の彩りとして入れるヒトもいます。

未体験の方は是非ともお試しあれ。

日暮れが迫る夏の終わりに。

Posted by そらまめ on 29.2009 4 comments 0 trackback
スッカリ日の暮れるのが早くなり、何やら郷愁の念に浸っております今日この頃・・・。

今年は父上様が初めて作った畑が大収穫で、畑の元の所有者であった祖母のお葬式の
際には大活躍。父もいい恩返しが出来たのではなかったのでしょうか。
特に、土作りの頃から相談にのってもらった近所の諸先輩方が散歩の合間に持ち寄って
くれた様々な苗
のおかげで小さいながらも種類豊富な畑に成長。
中でも評判だったのがビールの友、【EDAMAME】(←アメリカで人気があるらしい)と
南国生まれのゴーヤ殿。
実はあの苦さが苦手で×2、家族共々に苦笑い。
どうしようか?と母上様に相談されつつある中に、ある深夜のバラエティ番組にて苦くない
(らしい・失笑)ゴーヤ料理を目にした。
企画としては血糖値の高い芸人が1週間毎日違う1つの野菜だけを食べ、どの野菜が
下げる効果があるか、というムチャなお試し。(笑)
そこで紹介されたのが シャリシャリしてます。 ゴーヤと塩コンブの和え物。
ゴーヤが苦手だと言う彼(メタボ芸人)が、これはイケルとむしゃむしゃ食べ始めたのです。
そして血糖値の下げ幅もニンジンをも抜いてぶっちぎりトップ。
逆に平均値より下がってしまう程の効果が・・・。(それも危険・笑)

作り方は簡単。
通常の苦味抜きとして、中ワタをスプーンでがりがりほじくり除き薄めにスライス。
少し多めに塩を振り、もみほぐし(?)苦臭い汁が出てきたらそのまま軽く湯通し。
人によっては湯通しせずにギュっと絞るだけのやり方もありますが、湯通しした方が
色も鮮やかになりますし、汚れも落ちるのでは?と思います。
軽く冷まして後は市販の塩コンブと合えて3時間ほど冷蔵庫にて放置。

お葬式の際には母上様に指令を出して調理させてみた初ゴーヤ料理。
(いつだって見てるだけの歩く司令塔です・失笑)
意外にもお手伝いに来ていた近所の農家マダム達に大好評。
話を聞いてみたら、自分達の畑でも作るほどにゴーヤ好きが多かった。(炒め派)
(どこの土地でも簡単に繁殖しちゃうからね・苦笑)
ある愉快なマダムは『私なんて生で丸カジリでも食べるよ?』(衝撃!!)

南国生まれのゴーヤ殿、東北地方のマダム達に
ヨン様以上に密かなブームであります。(笑)



なので先日、今年最後のゴーヤを畑から持って帰って早速調理致しました。
うん・・・確かに・・・・苦味よりコンブの味わいが強いかも。
いい具合に塩分と苦味同士が打ち消し合っていると言いましょうか・・・これがアミノ酸
パワーなのか、41対69で塩コンブが勝ち!
って想像した瞬時に『あれ?10多くね?』と脳内ボケツッコミ・・・天然です
本気で算数苦手な私。なのに数学が一番得意科目だったという。数学は直観力!(失笑)


単純に国語理解力が乏しい(だからKY?)
消去法のうえの結果だけどな・・・。(遠い目)



まぁ、それくらい苦味が消されておいしく頂きましたと言うことです。
是非ともお試しあれ。
健康的でご飯にも酒のツマミにもバッチグゥ☆(←古っ)でございますことヨ。

年下の男の子♪

Posted by そらまめ on 17.2009 4 comments 0 trackback
・・・・やっと 会えたね。

呟くような小さな声で、ソッと私の手に指を絡めてきた。




コレ、すでに毎年恒例になっている甥っ子(小3)との再会シーンです。(爆)

姉(ママ)譲りの読書好きが高じてか?最近は益々小学生らしかねる言葉を使って
先生や周囲の大人達を驚かせるのが彼のマイブーム。

私:『あっ!ほらっ虹が出てるよ』
甥:『ほんとうだ。まるで天へ昇るスロープみたいだね
私:『っ!???』


買い物へ出かけた時には、五月蠅い弟・妹の目を盗んで『こっちだよ』と私の手を
引っ張り2人で商品棚の影に隠れる。
(逢引かよ?!失笑)
ポケットから取り出したのは車中でママにもらった飴玉二つ
どうやら食べずにとって置いたらしい。

甥:『好きな方あげるよ。弟にはナイショだよ』

みんなの前ではあまりベタベタしない(ママから怒られるから・・・汗)甥っ子・長男。
どんだけ男前なんだぁああああっ!!(笑)

なんだかんだと今年も怒涛の(パシリな)夏休みが終了しました。



別れ際・・・弟達の頭の間から必死に手を伸ばし
再び私の手に小さな指を絡ませ、一瞬だけ無言でギュッとチカラを込めた。



傍から見たら、なんて切ないお別れシーンでしょう。(笑)
来年は4年生。部活なんかに入ったら、あまり帰って来れなくなるかもしれない。
このまま楽しい時が止まればいいのにと願う気持ちと、早く大人になりたい気持ち・・・
自分にもあったなぁ・・・な~んて考えると感慨深い。
そんなに楽しい子供時代でもなかったけれどね、夏休みは大事!!失笑)




な訳で、秋風吹いても日中の残暑はまだまだ厳しいこの時期に、夏野菜をどっちゃり
使った料理でスタミナつけましょう♪
うーまーいーぞぉ~~っ!!by味王様 茄子とトマトのミートソース。
農作業1年生の父が作った畑から取れた山のような(処理しきれない)野菜を消化する
にはコレですね。トマトソースは大量のトマトを使っても溶けちゃうから(超ヘルシー♪)

造り方は簡単。(2~3人前)
 鍋にオリーブオイルでニンニク(3欠け・お好み)と玉葱(1/2個)の微塵切りを透明に
なるまで炒めておく。
そこへ湯剥きしてザク切りしたトマト(大玉2・ミニ7・お好み)と(小さじ1)とケチャップ
(大さじ1)、あればハーブ系調味料(バジルやナツメグ・オレガノなどなど)をテキトーに
入れ10分程煮込む。
 牛ひき肉は別のフライパンでオリーブオイルで炒める。
肉に火が通り染み出す油が透明になったら、お酒(ワインなんて勿体無い!)(大さじ3)
砂糖(小さじ1)、お好みでシソの葉(コレは私がリクエストした畑の野菜・笑)10枚ほど
いれて軽く炒め煮たモノをトマトソースの入った鍋へ投入。
 あらかじめ炒めておいた輪切りの茄子も投入し、再び塩(大さじ1)ケチャップ(小さじ1)
黒胡椒(少々)入れ全部一緒に煮込み、最後にもう一度オリーブオイルを入れる。
(*ちなみに、私が使うオリーブオイルは全てエキストラバージンです。)
出来上がり。 
 粉チーズ最後の調味料になるので、塩分はお好みで調整。

なんつーか・・・・何でもテキトーです。いつだって想像です。
でも、今回は成功した感じでした☆(笑)

シソの葉と茄子と牛肉は最高の相性だと思います。大好きだ☆
HOME 

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。