スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいね、秋って。

Posted by そらまめ on 11.2011 4 comments 0 trackback
3連休は見事に秋晴れ。
ドライブがてらに秋田県と岩手県の県境にある【八幡平】に登ってきました。
ルートはモチロン秋田県側からです。
頂上までの道合にはいくつかの温泉郷があり、道路沿いには無料の足湯。
標高1000m付近からは鮮やかな赤と黄。
湯煙。
今年の八幡平は例年にはないくらいに色が鮮やかにでているそうです
(写真は帰りに撮ったので少し日が沈みかかってますが)

いよいよ頂上。
車を有料駐車場に止めて(観光客がいっぱいで大混雑)散策路へ向かいます。
標高1300mくらいになってくると背の高い植物はほとんどなく、風が本当に
冷たい。3枚ほど重ね着のうえ、ストールを首に巻いてもまだ寒い。
どこまでも続く空。
360度。見渡す限りがこんな景色。

一般的なルートは1時間コースと40分コース。
欲張りなので片方のルートを途中まで行き、戻って長いコースへ。(笑)
到着。 頂上は標高1613m。

散策コースの入り口がキツイ登り坂で汗をかいたので、ひいた途端に寒気が。
持って行った水筒の温かいお茶も命の源。
こんなところ、絶対にヒトは住めないよな・・・・と思ったり。
(今朝のニュースでは雪男のいる可能性95%と認定したらしいッスね)

はぁ・・・でもいい運動になりました。
そして帰りはモチロン無料の足湯へGO!したわけですが、
時間が遅くなっていたので空気が寒く、足が温まっても身体までは行き渡らず
20分ほど入っていたと思うのですが、逆に身体を冷やすという残念な結果に。

くれぐれも皆様、紅葉を見に行く際はジャンパーは必須です。
トレーナー生地などのような重ね着では風が入ってきますからね!

ぐしゅん。


スポンサーサイト
Category : 地方見聞録

県産PR。(笑)

Posted by そらまめ on 12.2011 2 comments 0 trackback
週末、桃の木のオーナーになったという友達に連れられ桃狩りにいきましたよ。
場所は青森県と岩手県に近い秋田県鹿角市。
日本で作れる桃としては最北の地。
そんな訳で【北限の桃】としてただいま絶賛売出し中。(笑)
桃の園

こちらの園のオーナー制度は1本1万2千円~(1年)。
園長さんに育ててもらった桃の木を収穫期に【狩り体験】が出来るのです。
オーナーさんになるとこんな感じに名前をいれてもらいます。
あれ?どこかで見たような・・・。(笑)とあるオーナー様

今年は生育が少し遅れているために、色のつき方がまだまだ足りないとの事。
色がついていても、固いものは未成熟。まだ2~3日足りないとか。
少し握っただけで手形がつきそう。
素人判断で大丈夫なのか?コレ。(汗)
こんなに赤いのに・・・。
桃は大変デリケートな果樹なので枝から捥ぎ取るのも緊張します。
(その点、リンゴは赤くなったら収穫。手形も付く心配がないので楽よね。)

『そっと触れた肌触りで柔らかいものと固いものは解かります』
最初に園長さんにレクチャーを受けてから後は勝手に取っていいとのこと。
だがしかし、みんな大玉を狙うけれど『ひねったりしないでそぉっと枝からプツッ
と引っ張る感じで・・・・』
な~んて出来るわけもなく、四苦八苦の悪戦苦闘

近くでは団体のツアー客がいて、そこでも違う方が取り方を指導。
『色々と触ったりしないでコレだ!と思ったものを迷わず捥ぎ取って下さい』
オーナーさん相手とは違う指導なんだな聞きながら桃狩りしていて気が付いた。
桃は本当に難しい!!
せっかくの大桃が傷ついたり・・・(枝を裂いてしまったり・・・)アウチ。
初めは小さいので練習するべきだったと後悔先にただずとはコレ。(汗)

今回は大小様々な30個ほどの桃を収穫。
(オーナーさんの取り分としては100個なる木なら半分くらいらしい)
まだ固いものもあるので、後で園長さんが収穫して送ってくれるシステム。

他の木々の桃もひとつひとつ触れながら査定して、毎日少しずつ収穫するの
だとか・・・・大変な仕事ですわ。(汗)


ただいま部屋の中がいい匂いで満たされてますよ。
Category : 地方見聞録

そろそろ冬仕度。

Posted by そらまめ on 21.2010 2 comments 0 trackback
2日前の朝、寒い寒いと思ったら北海道で初霜が観測されてましたね。
どーりで・・・と納得しながら朝方はエアコンをつけるようになりました。

体育の日の連休中に訪れた青森、二度目の八甲田はあいにくの雨。
でも酸ヶ湯あたりは赤・黄と一面紅葉。
流石は北国の山 駐車場にて車窓から。
この後、友人が行ったことがないと言う『雪中行軍遭難事件』となった現場へ
向かう予定でしたが、青森市側から登ると道が解かり難く間違ってスルー。
まぁ有名な心霊スポットでもありますし、時間帯が時間帯なので
(午後4時過ぎ)私は少しホッとしました。
君子危うきに近づかずなのであります。

まぁ、八甲田高原はとっても美しいドライブコースなので、晴れた日にはまた
行ってみたい場所です。

それにしても前回も雨でこんな曇り空。
このスポットは私には合わないのかもしれない。
前回はその後、十和田湖へ降りていき記念撮影をしたところ3枚もアワワワ・・・と
言うような写真が撮れてしまったのでした。
初の心霊写真を撮ってからと言うもの、時折、私の撮る写真には『???』なモノ
が多くなったような気がします。
(ヤダな・・・汗)

さて、紅葉のトンネルを抜けて八戸へ向かう我ら一行。
徐々に緑が増えていき、麓の『奥入瀬渓流入り口』付近はまだまだ夏色。
それだけ標高差があるんだなぁと田舎育ちながらもシミジミ。(笑)
奥入瀬辺りはあと2週間くらいから見ごろな予感がしましたよ。


ちなみに秋田県は鳥海山にて、先週末に両親と栗拾い&紅葉狩り(様子見)
に行ったのですがまだまだでした。
秘密の栗拾いポインツ。
ススキ野原ってとても素敵なんだけど、最近は外国の雑草系の黄色い花
大増殖していて景観を損ねている場所がちらほら。
大昔に誰かが『キレイだね』っと道路沿いに植えたのでしょうか。
まさか、こんなに増えるとはです。

で、何を話そうとしてたんだっけ?(汗)

Category : 地方見聞録

お散歩。

Posted by そらまめ on 13.2010 2 comments 0 trackback
皆さんにも見えていますか?↓↓↓
見えてますか?
雨の三連休、トトロを追いかけて辿りついた先がずぅっと行きたかった隣県にある
こちらやってきました。
地方美術館にしては年間来場者数も大変多い有名な人気美術館。

人気の秘密はおそらく【マルク・シャガール】の巨大な白壁空間の
三面に飾られたタペストリー。

芸術の秋。
↑↑↑お土産用に買った来年のカレンダーとポストカード。
(昔買ったクリムトのカレンダー・・・家を離れている間に母に捨てられていた
ショックを思い出した。5年以上も飾ってあったはずなのに今更捨てるか?!

*20世紀を代表する画家の一人、マルク・シャガール(1887-1985)は、1942年、
亡命先のアメリカでバレエ「アレコ」の舞台装飾に取り組みました。青森県は、
全4幕からなるそのバレエの背景画の内、3点を収蔵
しています。1点の大きさは縦が約9メートル、横は約15メートル。巨大な画面に
シャガールの色彩への情熱がほとばしっています。


その他にも地元出身のアーティスト達、版画家【棟方志功】や日本現代美術の
第2世代を代表する【奈良美智】、異色で多才なアーティスト【寺山修二】
などの多くの作品を展示。
ともだちがほしかったこいぬともだちがほしかったこいぬ
(1999/11)
奈良 美智

商品詳細を見る
Lullaby Supermarket (文芸シリーズ)Lullaby Supermarket (文芸シリーズ)
(2001/09)
奈良 美智

商品詳細を見る


とまぁ連休に合わせて予定を考えていたのですが、偶然にも初日だった企画展
にバッチリあたっちゃいました。わーい♪木霊の道案内。
(秋田でもあったはずなのに、なぜか隣県で見るとは・・・・汗)

【スタジオジブリ・レイアウト展】は1100円。常設展は割引の400円。
どちらも見ごたえは充分でした。

特にジブリの絵コンテはすごく細かくて脅威!
その展示枚数量も多く、興奮&見すぎで目が痛くなっちゃいました。(笑)
一番楽しみにしていた【魔女の宅急便】絵コンテが2枚ほどしかなく、
説明にはスタジオに残っているのがそれしか確認されていないとか。
謎!!(盗まれたのかなぁ?!汗)
【もののけ姫】も【千と千尋の神隠し】もやっぱり凄かった。

あーゆーのを見ていて、機械や乗り物の鉛筆画に見とれちゃうのはなぜだろう。



お次は常設展。唯一写真OKな場所にて。
しょぼ~ん・・・。反省。
かわいいと言うより、最近捕まった100人以上の人間が被害にあったお尋ね者の
噛み付き猿が檻の中で猛省していた様子をなぜか思い出す・・・。(笑)
奈良さんの絵の海外展覧会の様子をテレビで見て調べて以来、ずっと来たかった
場所にやっと来たんだなぁ・・・と思うととても感慨深い。

(しかもテレビ『情熱大陸』で見た展実物と同じ状態。)
シャガールの部屋もそうだけど、もっとゆっくり見たかったなぁ。

昼食を食べていないために友人共にハラペコリンコ。(遠い目)
『さっさと行くか・・・・・・・・・・・・・・・。』が合言葉。
それでもジブリ1時間半、常設展も1時間半。土産も買って・・・・・・・・さてと。


気持ちはすごく満たされて、お腹がいっぱいなのに、現実のお腹はそれ
では満たされない実に悲しい人間のサガである。




Category : 地方見聞録

怒涛の日々。

Posted by そらまめ on 08.2010 2 comments 0 trackback
29日から帰省していた姉家族。
少ない日数で出来るだけ楽しもうとスケジュール満載。
(たいてい行く所は決まっているのですが・笑)

その定番コースの中でも義兄が気に入っていて毎年必ず行く場所が秋田と山形
の県堺にまたがり日本海に面した美しい山・鳥海山
標高2,236メートル。またの名を出羽富士とも呼ばれます。
登山案内はコチラ

どちらから見るのが美しいとか県同士で言い合うのはよくある話。
私は断然秋田県側派。これ↓↓↓は昨年の秋の写真。
鳥海山が見えます。
細く尖がっているような所が繊細な感じがして美しいと思いませんか?
(山形県は観光出来る場所が多いので、コレは譲っていただきたし・笑

『鳥海ブルーライン』ではこの写真でみる頂上付近まで車で上がれます。
ゴールデンウイークに合わせて開かれる雪の回廊が見もの。
残念ながら今年は雪が少ないとか。
(まぁ年々少なくなってきてはいるのですが)
入り口は国道7号線沿いに山形県側と秋田県側の2箇所。現在は無料です。

吸い込まれそうな景色です。 ナカナカ深い谷です。
雪が無くてもカナリ迫力のある光景です。夏もいいですよ。

雪遊びが出来るところもあります。
ここから先は徒歩で頂上へ続きます。
子供連れならソリなんぞ持ってきて遊ぶのも宜しいかと。

ここでのお楽しみは売店で売っている山形名物『玉こんにゃく』ですな。
(秋田も味噌焼きキリタンポとか売ればいいのに・・・・)
ですが我がグループ隊は昼もスケジュールで決まっているのでスルー。

はいコチラ。年に一度の味ですな。
秋田県由利本荘市にかほ市側に近い)7号線沿いにある(目印は西目中学校)
【松風亭】(しょうふうてい)の【スタミナ味噌らーめん】でっす。
味噌味なのか、なんなのか・・・・とにかく複雑かつ絶妙な美味しさ
けっこう有名なお店なので県外・地元外からのお客様も多いとか。(私は馴染み)

うん。満足した。ご馳走様。





Category : 地方見聞録
HOME 

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。