スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー歌舞伎の誕生秘話

Posted by そらまめ on 31.2009 3 comments 2 trackback
【藤間紫さん通夜 猿之助「一番大切な人」】

27日に肝不全のため、85歳で死去した女優で日本舞踊紫派藤間流家元の藤間紫
(ふじま・むらさき)さんの通夜が29日、東京都台東区の寛永寺輪王殿で営まれた。
夫で喪主の歌舞伎俳優・市川猿之助(69)は、最愛の妻の死去後初めて
「いつまでも少女のような紫さんは、一番大切な人でした」
とコメントを発表した。


私が子供の頃、テレビに映った2人の姿を見た親から『同棲』『不倫』大人の
世界の(おそらく尋ねてはいけない)キーワード
が発せられたのを思い出した。


2人の出会いは猿之助さん12歳の時、紫さん28歳(既婚)を初恋の相手
とし、自らも25歳で結婚したものの、数年後には同棲(1970年代~)を始める。
世間から『W不倫』と言われながらも貫き通した愛。
師弟として、マネージャーとして、スーパー歌舞伎の発案者として猿之助さんを支え
続けた紫さんの生涯。
入籍をしたのは出会ってから50年・・・夫婦生活は亡くなるまでの7年間だけだった。
「いつまでも少女のような・・・」と言ってるように、初恋の時のイメージがいつまでも風化
せず残っているのかもしれない。


生涯かけて愛し続けた2人・・・・
まるで、その人に出会うために生まれてきたような人生。



キャスターがそう締めくくった時、思わず ぐっ とキタ・・・。(涙)
ウマイよなぁ・・・話の結びが。
本当・・・瞬時にそんな粋なセリフが上手に出てきたら素敵だよ。


日常では絶対使えないけれどね。


世間から何と言われようが、信じた道なら貫き通したモンが勝ち。
結果は時間と共に自然とついてくるモノなのかな・・・・。
スポンサーサイト

戦国武将診断

Posted by そらまめ on 30.2009 4 comments 0 trackback
今朝チラリと見たワイドショーでやっていた『戦国武将診断』(←コレとは違うかも)
が面白そうだったので早速調べてみました。

意外に結果が良かったので載せてみたりして。(←悪ければ乗せないヒト・笑)


あなたの能力診断結果。高得点なものが中心的能力です。

武力:60点 [普通]
 あなたの武力です。この値が高いほどあなたは敵をなぎ倒していき、戦闘で能力を
 発揮できます。現在でも愛する人を怪しい人から守るなどの時に役立つことでしょう。

知力:65点 [よくできました]
 あなたの知力です。この値が高いほど頭がいいことになります。戦闘で仲間の損害
 を最小限に抑え、相手の損害を大きくすることができます。現在では、有名大学に
 入って、一流企業に入るもよし学者となって、後世にまで受け継がれるような研究を
 行っても良いことでしょう。

魅力:65点 [よくできました]
 あなたの性格の良さです。この値が高いほど、周りの人の喜びを常に考える性格の
 いい人であるということです。

政治力:100点 [すばらしい]
 あなたの政治力です。戦国の世でのし上がっていく為には、朝廷や他勢力といかに
 交渉するかも大事です。この値が高いほど、あなたは自分の会社などで勢力を持ち、
 出世していくことができることでしょう。

才能:65点 [よくできました] 
 音楽ができるとか人を笑わせるとか、ちょっと個性的な才能。秀吉が天下をとることが
 できたのも個性的な才能を十分発揮することができたからでしょう。


***あなたは徳川家康に似ています。***
    武力 82 知力88 魅力 88 政治力 99 才能 84



政治力が100って・・・・・・腹黒いってことじゃね?(汗)

しかも政治力以外は普通にちょっと毛が生えたような『ザ・平均くん』、まさに大した
実力もないのに口先と愛想だけで世を渡っていく感じ???
イヤイヤイヤ・・・・わち、不器用な人間ですから・・・・。(失笑)
腹黒いとは時折言われますが(言われてるんかいっ?!)そんなっそんなっ・・・。

タイプは20通り(←話そらした)くらいあるそうなので、他の方の結果が知りたい
ところ・・・。出来ればもっと情熱的で豪快な武者が良かったなぁ。
(どうも徳川家康ってタヌキ親父のイメージが強すぎて・・親父かぁ・・親父かよ・・遠い目)
三国志の張飛みたいなのとか希望。(絶対的に真逆なタイプである)


他のも探して遊んでみよう☆

お酒は20歳からです。

Posted by そらまめ on 29.2009 3 comments 0 trackback
【<酒一気飲み>昨年は大学生ら5人死亡 92年以来3番目】


酒の一気飲みによる急性アルコール中毒などで死亡した大学生らが08年は
全国に少なくとも5人いたことが、子供らを一気飲みで亡くした家族でつくる
「イッキ飲み防止連絡協議会」(92年発足)の調査で分かった。


そんなニュースで思い出したのが、知り合いの大学生の方の話。
男子寮というのは、社会人にしても大学生にしても伝統的に新入生イジメ(?)にも近い
歓迎会なるものが行われるのはよく聞く話。
この彼の学生寮も多分にもれず、春麗らかな寮の一室で日々行われていたという。


ヘルメットに入れた日本酒イッキ飲みの強要。
(おそらく呼び出された新入生達で回し飲みでソレを飲み干すまで・・・という)


こんな風習を面白がるのは大抵はごく一部の人たちの話。
彼らの入学した前年にも1人亡くなった方がいたという先輩(←反対派)の情報もあって
新入生達は一致団結して拒否をし、このような悪習を断ち切ろうと立ち上がったのです。
そうして、自分達の学年を最後になくなったはずだと自負しておりました。(エエ話や)

お酒の味も、許容量も適応もまだ解らない人間に対し酒の強要をするなんて
本当にバカな話です。
そんな話をすると、我が父上も武勇伝を語るがごとく「男の世界」話にのってきました。
本当に愚かな話です。

若さには『無知』ゆえに『残酷』な遊びを楽しむ心があります。
『無恥』な年頃がゆえに『過ち』を起こします。

どんなに大人達が注意しても聞かないのが世の常なら、やはり当事者の若者達が
もっと賢く身を守らなければいけないのかもしれない。

周囲にいる人間が、友達が注意をしてあげなくてはいけない。
そうなるには、やはり近くにいる大人達が子供達に日々諭すことが必要なのだろうけど。


最近の若いヒトたちは、会社の上司に付き合ってまで酒は飲まないと聞きます。
時代は変わりつつあるのかも知れないけれど、いつの時代でも学生は『学生』なのかも
しれない・・・・。



母曰く、「うちは姉妹でよかった・・・はずなのに、誰に似たのか本当に・・・(遠い目)」


こんなに語っている私も、実はイッキ飲みは2度経験あります。
ビール中ジョッキ・・・生ぬるいのを選んで飲んだので(賢いでしょう?←大莫迦者です)
酔いは回らなかったのですが、なぜそのような流れになったかと言えば、簡単に言えば
結婚式の2次会で男性を喜ばせるような罰ゲームにひっかかり(サイテー・怒)


『辱めを受けるくらいなら飲みます!ふざけんなっ!』(心の声)



・・・・・・・・・・・・・・・若かったんだってば。(笑)
まぁ許容範囲と解っていてやったのですが・・・・人間にはその日の体調とかもあるので
皆様は決してマネしないように!!(←お前が言うか?)


*拍手・コメントありがとうございます☆とても励みになります。

雑誌【FAMOSO(ファモーソ)】創刊☆

Posted by そらまめ on 27.2009 10 comments 0 trackback
連日連夜二人揃って各番組を回る珍しい光景を見た。

ビートたけし編集長、所ジョージ副編集長らが自ら企画・編集・構成を行う
新しいフィクションスクープマガジン
【ファモーソ】が4月1日創刊。

どこまでも嘘のような話。(笑)


「これが本当に幻の『エイプリルフール本』となるのかどうかは
皆さんにかかってます!」
とか言われたら買うしかないでしょう。
(当日はコンビニへ走れ!!)
どこまでミーハーなのか?と自分でも疑問に思いますが、こんな素敵な企画本は買わず
にはいられないのであった・・・・600円か・・・。

内容については【伝説の暴走族『生殺し』がアメリカで大暴れ!】(←コレたけし・笑)
【世田谷茶道協会、骨肉の争い。現場写真撮った!?】【大槻教授、UFO、宇宙人を
真っ向否定のワケ】などなど・・・・今から気になるニュースが盛りだくさん☆



あくまでもフィクションスクープですけどね。(笑)




帯に『世界中が激震する!』って書いてありますが・・・もしかして世界中同時発売?
(まさかそんな訳はなかろうに・笑)願わくば世界のキタノ効果でワールドニュースにでも
取り上げてもらえたら最高に面白いと思います。



            

盛岡冷麺を食す。

Posted by そらまめ on 23.2009 6 comments 0 trackback
ここ何ヶ月か、無性に冷麺が食べたい衝動に駆られており(気持ち的には
【牛角】の冷麺や石焼ビビンバが食べたいところ・じゅるり)
天気の良かった先週末、ついに
行ってきました。本場(?)『盛岡冷麺』でっす。

今回は昔一度行ったことのある【髭(ひげ)】ではなく、東京にも2店舗進出しているノリに
乗っている【ぴょんぴょん舎・本店】
へ向かいます。(【髭】も進出してるけど)
コチラは本店以外に市内に駅前支店を含め3店舗もあるという・・・乗ってるなぁ。(笑)

盛岡ICから盛岡駅へ向かう国道46号線沿いに立ち並ぶ人気有名店【髭】
【三千里】そして【ぴょんぴょん舎】・・・・まさに激戦区。
(牛角もあったような・笑)
おしゃれな建物 はい、到着。
昼時とあって駐車場は満杯ですが、焼肉店としては客の流れが早く、車を停めれた頃
には同時にテーブルへ案内されました。店員さんの手際がいいのかな。
4段階に分かれている辛味から私は自分で調整できる『辛味別』のハーフサイズを注文。
結局は辛味全部入れたけどね。(笑) 久々の冷麺でちた。 

盛岡冷麺のルーツは戦後だったと記憶してます。(ちと微妙)
盛岡に住む在日韓国人の方が故郷の技でお店を始められたのが【盛岡冷麺】のキッカケ。
『ぴょんぴょん舎』を作った方も盛岡に住む2世の方で、本当の素人が舌先を頼りに一から
味を求めて食べ続け、時には韓国へ渡ったりと研究を重ね今の成功に至ったという・・・。


本場の味と日本人の好みに合わせて作られた盛岡冷麺では別物の味になっているそう
ですが、こちら『ぴょんぴょん舎』は焼肉のタレも冷麺のスープもなかなかアッサリとした
味で私の持っていたイメージ(主に牛角)とは少し違っていたような。
やや酸味の強いシャキシャキ激辛キムチも含め、コレは本場に近い味なのかなぁ?と。
(牛角キムチはジャリジャリと甘辛ですからね)
スープを半分まで飲んだあたりからキムチの辛さで口元がヒリヒリと・・・・。(汗)
それでも癖になっちゃうような酸っぱ辛スープ(←辛味も&酢も入れ過ぎ)


コレはコレで・・・・あると思います!(だから成功しているんです!!笑)





しょせん、私はチェーン店の味が好みなんだ。
店を出た後に、牛角に行きたくなったなんて感想は言いませんが(言ってるし・汗)
人間、好みの味とフェチ声は微妙なラインでも譲れないって事ですよ。
ビール片手に冷麺&ビビンバ食べた東京時代が懐かしい・・・・。(遠い目)
Category : 地方見聞録
HOME 

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。