スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時には子供のように・・・。

Posted by そらまめ on 30.2009 10 comments 0 trackback
泣いちゃうぞ 泣いちゃうぞ。

お菓子をくれないなら 泣いちゃうぞ。


ハッピーハロウィン☆ てな訳で。(笑)

このセリフは『千と千尋の神隠し』ののマネ。
初めて見た時から、あの巨大な赤ん坊がかわいくて×2・・・ときどき降臨します。
ハロウィンは明日なのですが、友達に釣られてケーキを購入。
こういったものは当日のうちに食べないとね。

ケーキの中でもフルーツカップが好きです。
プリンとカステラとクリームの三重層がたまらなく素敵ハーモニー☆
毎年クリスマスの日の給食に出ていたカップケーキが忘れられないのです。
コチラの店(かおる堂)のが一番思い出の味に似ているので年に一度くらい
『自分へのご褒美』として食すのであった・・・。

ああ、なんて貧乏性。(←今日、友達に言われた・汗)
ビール1杯我慢すれば買えるのにね!
(単に甘いモノが苦手なだけ・失笑)


肉食ダイエットは夕飯の糖分を減らすのがポイント。
米を減らしてもケーキ食べちゃったら意味がないようにも思えますが、ま・ここは
ハッピーハロゥイン☆てな感じでご愛嬌。(誰も興味ないし)

つーか、食べたら満腹で眠くなってきたという危険区域zzzzzzzzzzzzzz。
スポンサーサイト

女心と秋の夜空。

Posted by そらまめ on 27.2009 12 comments 0 trackback
先週の今頃は雲の晴れ間を見計らって、夜な夜な流星探し。
と言いましょうか、秋の暮れはもっぱら気ままなウォーキングが毎年恒例。
(夏の暴飲&暴食にて後悔の季節です)
あまり時間が遅くなると家族が心配するので、人通りがある10時までが限界。
酔えばいつも歩いて帰ってくるのですが、ここだけのナイショです)

オリオン座は冬の星座。
しかも月が地平線に隠れた真夜中、東の空に光り輝きます。
東北地方では辛うじて9時辺りから昇りますが、街の明かりが多ければ
星の光は小さくなり、目印となるオリオン座さえ発見できない。
(実家だったら既に真っ暗だろうけど・笑)

とりあえず、温かい格好してスニーカー履いて早速観測へ。

今時期に一番輝いて見えるのは南の空にポッカリと浮かぶ木星さん。
人間羅針盤がごとくに木星を右手で指差し、対極となる左手方向が北東。
そのまま視線を左にキープしながらウォーキング。
建物の隙間を見つけるとしばし歩みを止めて、山際を望む。

通行人(結構走っているヒトも多いのです)が来たらまた歩き出す。
そんな繰り返し。

一人で歩くと、色々と妄想がよぎります。(車の運転も同様に・笑)

先々週末に友人と飲んだ時の話を思い出した。
内容なんてのは、たいして意味のないくだらない事ばかり。
仕事のグチや家族、友人の近況。いい酔い加減になると男友達に絡み電話。
金も休みもないのに旅行計画たてたり、果てには芸能の話。(←コレ得意・笑)
特に女の酔っ払いの結婚話はタチが悪い。
そして芸能人の結婚の傾向から女2人が導いた結論。

『しょせん男も女も選ぶなら年下がいいってことよね』

なぜか、視点が【相手が年上を選んだ】とはならない乙女心。
実に勝手である。(失笑)


そんな阿呆な話を星観測そっちのけで考え出してしまった。

確かになぁ・・・年下なんて今まで考えたことなかったけれど・・・・・。
かと言って、大きく歳の離れたヒトも・・・・ムリかなぁ・・・。
(大きく妄想中)
(いや、絶対年下なんてありえないけれどさ・・・)
(例えば、夢を見るならの話ならだからね!!)



・・・・・・・チャンミン(by東方神起)がいいです☆(萌)



私:『あ・・・・流れ星・・・。(遠い目)』
タイミングの良さに思わずブルッと震えましたYO!
純粋な星の美しさと対照的な己の阿呆さ加減に鳥肌が立ちました。(恥)

星の数は同時多発で5~6個。(←奇跡に近い数・幻だったのかなぁ)
下界が明るすぎるせいか、流れるわけではなく、ほんの一瞬のまばゆい煌き
本当に出来すぎた照明設定のようにキラキラっと。

翌日、ラストチャンス。
同じ場所で3分ほど粘ってみたものの、確認できたのは昨晩の光が人口の
モノではなく、紛れもない流星群だったということ。

今年は見れたなぁ・・・と感動しつつ違う事が印象に残って、なんだか夢を
汚してしまった
ような、そんな天体観測でした。(阿呆すぎる・失笑)



・・・・・・・・・・この願いだけはきっとお星さまも叶えようがあるまいて。

ぐうたらの処方箋。

Posted by そらまめ on 25.2009 6 comments 0 trackback
朝・晩の冷え込みがスッカリ板についてきた東北・秋物語。(なんじゃそりゃ)
紅葉も見ないまま、このまま雪が降っちゃうんじゃなかろうかと心配してます。

そんな感じで休日の前夜は布団に潜って秋の夜長の読書会(一人)慣行。
(読書って言っても漫画ですがね)
そしてそのまま本を広げて、変なカタチで眠りについた昼間近の起床。

ちょっと頭がグラグラする・・・。


普段、美容室に行くと必ず『肩・・・結構張ってますね』と強く揉まれる私。
本人は至ってこっている自覚が全くない。
だから気持ちいいどころか、触られるだけでも激痛が走るほどに嫌悪。
直接、筋肉に触れているんじゃなかろうか???(涙目)。
『痛ければ言ってくださいね』と言われても言えない乙女心。


ひょっとして私、本当に慢性的肩こりなのかなぁ?(滝汗)


肩こり免疫がない(と思っている)私は時折、普段しない姿勢が原因で肩や
背中が張り、イッキに吐き気をもよおす程の体調を崩すことがある。

今回はまさにそのひどい症状に似ていて、吐き気&貧血そして頭痛
パソコンも弄れなければ、テレビも見れない。立っていられない。
寝溜めした意味がない。(遠い目)
それでも、とりあえずご飯を作って、貧血の原因かもしれない空腹を満たす。

うん。
カンペキに寝違えたね。(滝汗)

暑さで寝苦しくない限りは、寝ついた姿勢から微動だにしない睡眠スタイル。


不安をかかえつつ、夜に約束していたチャット会に向けて・・・また横になる。
絶賛ダイエット期間中にも関わらず、食べた後に横にならなきゃ
いけないなんて拷問でございまする。えぐえぐ。


なんとか復活し、首を揉み揉み肩を回しながら参加。
その話をメンバーにしたところ『二の腕を揉むと効くよ』
神の一声。二の腕から首筋までの筋肉が繋がっているとか、なんとか・・・・。
(テキトーな自分)

お・・・・。
おお・・・・・・・・。
おおぅ・・・おう・・・・・・・・快・・・感っ。


なんて単純な体なんだ自分(失笑)、と思いつつもジンワリと
感じる首周りの血の流れに悶絶。

彼女曰く、専門医の言葉なのでウソじゃないよ?と。(笑)

確かにこれは効きます!!
是非とも、皆様も首コリにお試しあれっ。


そうして元気になった我は朝方までチャット会を楽しんだのでありました。
(そして再び肩こりです・失笑)チャンチャン。



教訓、休日は寝溜めせず寝ずに時間を有効に使った方がいい・・・。(願望)

ソッと傘をくれたヒト。

Posted by そらまめ on 21.2009 6 comments 0 trackback
先週末、久々に友人と飲みに行った。
久々と言っても前回会ったのは半袖を着ていた時期の話。

仕事終わりに我が家に来た彼女の手には【ウ○ンのチカラ】ドリンクが2本。
出かける前に飲んでいこうと差し出す彼女。
普段、あまり飲み慣れないモノを飲むと逆に悪酔いしそうな不安もあったけれど
彼女の気合の表れに思わず失笑。

私:『キミ、どんだけ飲む気っ?!(笑)』
友:『用心のためだよ』

いつも今日は飲み過ぎないようにしようと自分に言い聞かせる
ように呟く彼女だが、結局は彼女の望むままに12時を回る帰宅になるのである。


翌朝10時頃に起き出す私。
彼女はまだ眠そうにボーッとしている。
(いつも同じペース&量だが消化が私とは違うらしい)

私:『大丈夫?』
友:『・・・・・・・・・・・・・・・・まだ残ってる・・・・』

そう言ってメガネをかけつつ、私の足元に転がっていた自分のジーパンを
寄せようと手を伸ばした。

友:『・・・・・・・・・・まだ濡れてる・・・・』
私:『何で?』
友:『雨降ってたじゃん?帰ってくる時・・・・』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうだっけ???(汗)

実のところ、2人とも2軒目からの記憶が薄い。
(私的には、あまりにも久々でショック受けてます・滝汗)
というか、目が覚めた瞬間に思ったのが『私、化粧落とした?』に2人で爆笑。
女性の酔っ払いは大変である。
部屋の状態を見てもきちんとコンタクトやアクセサリーも外して、顔も洗って
パジャマに着替えて(少し思い出してきた・笑)乱れた様子はなかった。

あまり食欲がないという彼女にリンゴをむいてあげ、昨晩を振り返る。

確かに振り返ると1軒目の店で素敵なお兄さんに傘をもらった記憶がある。
既に10時近くになっていて、その時には雨が降っていたのだ。
2軒目に座ったお洒落なカウンターで素敵なバーテンダーの方の手元を
じっと見ていた記憶はあるけれど、ハッキリとした話の内容が・・・・。(汗)
(どうやら、私の記憶は素敵なお兄さん
だけのようです・失笑)

薄い記憶の彼女もまた『京都旅行に行こう』って話しか思い出せないらしい。

家に帰ってきて彼女の布団を敷いてあげた記憶はあるものの、二人揃って
飲み屋(2軒目)での会話がほとんど思い出せないのは致命傷。

実にお金がもったいない話ですよ。(失笑)
彼女の記憶では1時に近かったそうな。

・・・・・・・・歳か・・なぁ・・・。(遠い目)

今、心配なのは御陽気な女子2人が深夜遅くに帰宅して、ご近所様方に迷惑を
かけていなかったかどうかである・・・・。


教訓、やっぱり変な薬は飲まない方がいい。(薬が苦手な体質なので・苦笑)

ココロの歌。

Posted by そらまめ on 19.2009 4 comments 0 trackback
悲しくて悲しくて とてもやりきれない

このやるせないモヤモヤを 誰かに告げようか


これは先日亡くなった加藤和彦さん(享年62)作曲(サトウハチローさん作詞)で
加藤さん自身が参加している音楽制作集団『ザ・フォークル・クルセダーズ』の
代表曲の一つ【悲しくてやりきれない】という歌の一部です。

いつ、どこで見知ったのか誰の歌なのかも知らずに時々頭に流れるメロディー。

沢山の方がカバーしているらしいのですが、私のココロに残っているのは原曲の
ままの歌声だと思う。(今日テレビで見た限り)


悲しくて悲しくて・・・例え憎しみにも似た激しい絶望感に襲われてたとしても
このなんとも言えない柔らかい歌声と曲調がココロを和ませてくれるような・・・
そんな気がします。

ただ悲劇的な気分に酔いしれているだけかもしれない。
それでもいいじゃないかと呟くもう一人の冷静な自分。
そう思える瞬間、きっと悲しみから少しだけ離れることが出来てると思うから。


あ・・・・・・・・・・キザっちゃった。(汗)





でも、人間ってどこか『人生』という舞台の演技者であるような気がします。
その中でその人にとってのお決まりなシーンにお決まりなBGMって必ずあると
思うんだけど・・・皆さんはどうでしょうか?(笑)

ちなみに私は日中の通り雨が降ると村下孝蔵さんの『初恋』かビリーバンバンの
イイチコ(焼酎)のCM曲が流れます。(村下孝蔵さんについての過去記事1・2
HOME 

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。