スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マボロシを追いかけて。

Posted by そらまめ on 23.2011 2 comments 0 trackback
「どこかの誰かが、この鳥を必要としている」

爆笑問題の太田光の作家デビュー作『マボロシの鳥』(新潮社)を日本を代表する
影絵作家・藤城清治さんが絵本にした『絵本マボロシの鳥』(講談社)が発売。

短編9作が収録されたこの小説から、絵本には表題作である『マボロシの鳥』を
太田光自身が絵本用の文章にまとめた。
幼少の頃から藤城さんの世界に影響を受けたと、自作の本を藤城氏に献本したこと
から出会い、藤城氏自身も『これはまさしく自分の世界だ』と感激し
本の制作を決意する流れになった。

絵本マボロシの鳥絵本マボロシの鳥
(2011/05/17)
藤城 清治

商品詳細を見る


太田氏だけでなく、この世界に影響を受けたヒトは多いのではないだろうか。
藤城さんの影絵の世界は、私自身もN○Kの教育テレビ『おはなしの国』などで
幼少期からすごく親しみがあった。

これは本当に影絵なのか?

と影絵の仕組みに興味や疑いを抱くほどに、彼の作る世界は美しく鮮やかで繊細
な光を放っていた。

『赤い靴を履いた少女』や『いばらの眠れる森の姫』『みにくいアヒルの子』
どれもが何度か読み知っている物語であるにもかかわらず、どれもが違う。
まるで初めて見た物語のような・・・そんな印象。


かつて大人の買う絵本として、飛び出す絵本が流行った。
今回はその頭脳的な意味合いよりも、大人がノスタルジックに浸れる絵本
そんな気がする。

もともと太田光の著書にも興味があった私。
藤城氏が感動し手がけたというなら間違いなく購入です。
まさに大人買い。
ビールを2週間止めたら買える値段。
頑張ってみよう。
そこにはきっとすばらしい色の世界がご褒美として待っているはず!!
スポンサーサイト

それ以外なにがある?

Posted by そらまめ on 17.2011 4 comments 0 trackback
【こだわることが人生。】

その言葉が胸に沁みて・・・。



春は出会いと別れの季節です。
とある飲みの席にて、親しい男性から
『あのヒト(上司)そらまめの事ひねくれ者(だろうな)って言ってたよ。』
あのヒトとは話をした事がない・・・つまりパッと見ただけの私の印象だそうです。
彼は笑って『ハイ、そうです』と答えたらしい。

私はハハハと笑った後にしばし考えた。(ちょっと待て!)
【ひねくれている】って・・・・・・・・・・・・・・悪口じゃね???(汗)
その事を彼に問い詰めたところ『う~ん・・・違う感じだったかも・・・(苦笑)』
ちょっと待って!!ちょっと待って!!!

違う感じ
って何よ?!

どーにもこーにも引っかかる。
私はそんなに【ひねくれた】顔なのか?
他の同僚の女子の事は『あの子は素直そうだな』らしい・・・・。


・・・・・・・・・どうすれば素直そうな女性になれますかねぇ?(遠い目)


数分経っても、どうにもこうにも、いくら考えても納得がいかない!
まとも話したこともないのに、そんな悪口のような印象発言するか?と。
思わず私『皮肉屋なら分るけど、ひねくれているなんて納得がいかない乙女心よ!』
と自ら言っちゃたりして。(親も泣くわ。こんな素直な私がひねくれ者と呼ばれたら)

そうしたら友人『あ・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうかも。』と。

酔っ払いの発言ですからね、まともには受け容れませんが、なぜか【皮肉屋】で
『それなら解かる。』と納得する私。


これが不思議な乙女心ってヤツですよ。



【皮肉屋】は自らの自己演出&希望性格。ヒトに言われても冗談の範囲です。
でも【ひねくれている】なんて、考えた事もない。
私は自称でありますが【素直で正直者なんです】(多少皮肉屋ですが・爆)

この似ているようで微妙な違い・・・解かるかなぁ・・・・。
ちなみに、この上司・・・・私の中では似た笑いの臭いがするのです。
(きっと相手もそう感じたはず・私は嫌いじゃない!失笑)

はい、今日の小さなこだわりでした。(失笑)

歩こう。

Posted by そらまめ on 10.2011 4 comments 0 trackback
歩こう~歩こう~私は元気~♪
        
          ( 『お散歩』byトトロ )


病理検査と術後検診の結果、特に問題なく通常の生活に戻って良しとの医師の
お言葉を頂きました。

大きな病院は個人病院とは違って、『担当』医師があまり存在しない
なので毎回違う見解の意見を言われたりとグルグルと頭と心をかき乱される
事もしばしばあった。(それはそれで良い事なのかもしれないが)
ただでさえ優柔不断で振り回されやすい性格な私。
手術が決まってからは決意が鈍らないように、出来るだけ同じ曜日に予約をいれ
一人の先生の話を聞くようにしていた。

私が一方的に支持しているその若先生はあまり笑わない
あまりと言うか、社交辞令としてもまったく笑顔を見たことがないのだ。
無愛想ともクールとも違う
必要なことだけを淡々と・・・ただあまり表情を変えないだけ。
こちらが聞くのを躊躇っていてもキチンと数値的なことも説明してくれた。


なのに最後の最後に違う先生。
(モチロンこちらの都合で、曜日を合わせようとすれば出来たはずなのだが)
このベテラン医師は所見から必要の無いことをよく話した。
緊張をほぐすためかユーモアたっぷりに・・・。
それはどこか無責任にも感じた
患者によっては、その百戦錬磨っぷりな口調が頼もしくも思えるのだろうか。


でも私は忘れない。
私はこの先生の意見に何度も、何度も振り回されたのだ。


何度か通院しているうちに若先生に出会い、結局その泣きたくなった心配事
を全部ぶつけることになったのだが、若先生は表情を変えず実に丁寧に時間
をかけて説明をしてくれた。

手術も数人の医師がグループで立ち会うのだが、麻酔に入る直前と覚醒後・・
『僕が全部立ち会いますから』の宣言通りに見えた顔にどれだけ安堵したか。
(↑これまた表情ひとつ変えずにね)

惚れてまうやろぉおおおおおっ!!!
(若先生は既婚者です・失笑)



また、同室の患者さんに他の病棟から様子を見に来てくれた若い医師がいた。
病気を重複して抱えていらっしゃる様子で、新しい病棟と看護士に【不安】と
【寂しさ】と感じたらしく時折涙を流しながら切に語っていたのだ。
その医師は何かを積極的に語る訳でもなく、静かで柔らかな口調で頷いていた
(後姿だったが、ちょっとキュンとしてしまう術後2日目の私・失笑)

医者に笑いなんていらない。
患者の【不安】に少しだけ歩み寄ってくれる・・・
ただその姿勢だけでいいのだ。

例え医師にとっては名前も顔も覚える必要のない多くの患者の一人でも、患者
にとっては向き合う医師は一人で、例え死ぬ病気じゃなくても訪れる患者は真
剣に悩んでいるのだから・・・・。


『お願いします』
『ありがとうございました』
診察に訪れる度にしていた挨拶も、このベテラン医師に向けては何やら虚しい。
最後に若先生に本当に心からの御礼がしたかった。
それだけが心残りである。

・・・・・・・・・・・私も、もう少し謙虚に生きよう。(滝汗)

あ~。
腹(傷口)が痒い。

お疲れ様です。

Posted by そらまめ on 06.2011 0 comments 0 trackback
入院中に録り貯めておいたドラマやら番組多々・・・。
(それでも病室でテレビ見てコッソリ泣いたり噴き出したり大変だったヒト)


毎年恒例の姉家族のGW帰省が予定より早く終了すると聞いて、寂しい気持ち
半分、自分の時間がやっと出来るという期待もあったりして。

ところがどっこい小学3年生の甥っ子に教えてもらったゲームに嵌ってしまい
姉家族が帰った後、思わず買いに探しに回った・・・【将棋版】。
負け将棋。
本当は【オセロ】【将棋】【チェス】の3つが揃ったセットの版が欲しかったので
すが、6店舗も回ったのに見つけることが出来ずに撃沈。
諦めて【将棋版】だけ買ってみた。

父親と将棋。
この歳になって初めての将棋。
やればやるほど奥が深い。
他人(甥っ子達や父親)のゲームを見るのも面白い。

昔やっていたテレビゲーム(戦争モノ)でもこんな感じでコマを動かして
いたなぁ・・・としみじみと面白さに感動。
麻雀はイマイチ面白さが理解出来なかったけれど、これなら解かる。

しょせんは1手先のことだけだけどね。(失笑)



そのうち、週末の朝のBS将棋解説とか見ていそうだ。
(またはブームが去っているか・爆)
HOME 

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。