スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郷に入らば郷に従え。(笑)

Posted by そらまめ on 28.2011 0 comments 0 trackback
『とりあえず飲むべ』

私が最初に出会った社会の先輩から教わった酒の味、もとい飲み方・・・。
なんだろうな・・・・この『とりあえずビール』が違う意味でも使われる県民性。
宴会となれば、全員が揃う前に『練習』と称して先に始めてしまう笑える習慣。
(THEケンミンショー・爆)

その習慣が身についてしまっている私は、仲間が集まれば喉が渇く。
楽しい酒、飲まなきゃ損だぞと笑って騒いでまた明日。

家族や会社、世の中の事、たまには愚痴もでますわな。
老若男女いろいろ揃えば悲しい話もありますわ。
流れで無駄にお金を使ってしまう日も、無礼講過ぎて無礼になってしまう日も
普段言えない思いを酔いのせいにして吐露してしまう日もありますわな。

それでも最後に笑って千鳥歩きしながらもバイバイと手を振れたらそれで良し。
(まぁそこまで酔わなくてもいいけれど・失笑)

そんな飲み友達や時間を作れたら人生は楽しいと思う。




先週末、天気が崩れると途端に肌寒くなる秋田から東京へ脱出計画!!
その冷気を持って行ってしまったか、久々の上京はあまり汗をかかずにすんだ。
(一方、実家の方では恐ろしい降水量を観測・・・・ニュースに釘付け!!)

そして久々のお友達との飲み会。
密かに今回のメインは私にとってはコチラ。(爆)
東京に行ってもなかなかタイミングが合わず、じっくりと騒げなかった過去を清算
するがために、もしかしたらの予感に私は朝からウキウキである。

ちょい遅めのランチに思わず『ビールがあれば最高さ☆』と秋田ジョーク。
(たいてい地元のイベントごとでは昼間っからビールが出ます。特に夏は)
モチロン飲みはしませんよ?一人でわ。

そこで東京の友人から一言。



『アル中じゃないよね?』(目が真剣??)




一瞬キョトンとしてしまったけれど・・・・思わず失笑。
まぁ言われる私に原因があるわけで、ブログ記事では酒ネタが多いからね。
(これでも基本は週末しか飲まないんだけどなぁ。)


ま、キライじゃないからね・・お酒。(断言)


とりあえず、念願叶って楽しいお酒を飲むことができました。
(もしかしたら私だけかもしらんが・・・滝汗・・・それでもいいや)
めでたしめでたし。

あ~東京、楽しかった!!




でもちょっと発言には気をつけようと思った6月の東京でした。(爆)
そして、また機会があったらどーぞヨロシクなのです。
(↑全然懲りてないしっ!!)
スポンサーサイト

雨音。

Posted by そらまめ on 23.2011 0 comments 0 trackback
最近、夜更かしが多い。

案の定、ただでさえ目覚めが弱いのにアラーム5個つけても起きれない
生まれたての雛鳥がごとく目がバチバチです。
昨晩も少し遅くまで起きていて、朝ご飯の準備もOK☆『よし、ギリギリまで
寝るぞと』寝たはずなのに・・・、突然のガタガタガタッ!!

地震。

これは大きいぞ!!

いつもなら少し開けている遮光カーテン、こんな日に限って締め切っていて
時間帯がわからない。(デザインだけで選んだ私が愚かでした遮光は苦手・汗)
眠気も何も全て吹き飛んで、あわててテレビに駆け寄る。

(ちょうどいつも起きる時間じゃないか・・・。遠い目)
震源地が岩手沖、震度5弱・・・・・私の地域は3でした。

しばらくボーーーーーーっとしてましたが、眠気はさほどなく・・・コーヒーを
入れながら考える・・・・。

人間の生きる本能ってよく出来ているもんだなぁ・・・・と。
(目が全然シバシバしないわけですよ!)



未だに大きな地震が連発している日本列島。
これから梅雨に入るというのに・・・色んなことが心配です。

ちなみに昨日見た最高気温を色分けで示した全国地図。
本州は秋田県以外が真っ赤に染まっていたのに衝撃。(青森も赤)
本当に、ちょこんと秋田だけ黄色。北海道と一緒。
これが海風なのかなぁ・・・と。(笑)

その上、ネットを繋げると出てくるツールバーに表示された電力メーター。
二日前からグングンと使用率が上昇。
どこを調べているメーターなのかは謎であるが、(おそらく東京だろうな・・・)
現在は88%まで上昇してます。
昨日は82%。
色も濃いオレンジ色の警戒色に変わってます。
100%に近づいたら停電が起きてしまうのか・・・見えていると逆に怖いです。

節電は大事。
そんなのみんな解かってる。
でも我慢と努力だけじゃ、限界がある。

どうかどうか皆様、無理せず御自愛ください。



眠い・・・・・・。ウトウト・・・。
まだまだ半袖では少し肌寒い梅雨空な秋田県です。(でも長袖だと暑い)

冷たい風が吹く北国である。

Posted by そらまめ on 20.2011 6 comments 0 trackback
今日から高速道路の料金が変わったとか、戻ったとか。
そこにかかる予算3500億円を災害復興費にあてるとか。

その額は一体どこから来てるのか・・・・。
ほとんど人件費とかなんじゃ?とか穿った見方をしてしまうのは説明不足が原因。
(料金所の手前で『徐行』の看板を持って立っている人に何の意味があるのやら)

無料化社会実験、休日上限1000円・・・結局のところ、どう変わったのか。
利用者は増えたのか。変わらなかったのか。

被災者及び関連車両に関しては当分無料(?)なのは理解できるものの、それも
また曖昧すぎて、すでにネットで偽造通行証が売られているとか。

おそまつだ。


休日、上限1000円。
これがあったから何度も乗った私。
もとに戻るならきっとほとんど使わないだろう・・・・。

無料じゃなくてもいい。
道路は維持費がかかる。

ヒトの金銭心理は突き詰めるところ『お得感』が全て
安物の無駄買いだと気付いても、お得感は快感なのだ。
結果、大きな消費向上につながる。


そういった心理を利用した、特別的なお得がETCシステムだったはずなのに
何やら振り回されて、混乱気味。
結果、料金がどうなったのか解からない・・・。(遠い目)

比べる次元は違うが、民主党の右往左往状態から行けば沖縄問題の二の舞。





理屈っぽいかもしれないが、お金の振り分けを変えるなら明確な数字の比較が
欲しいし、実験という名のモノを行ったなら結果を教えて欲しい。

『震災復興』に使うと言えば誰も文句は言わないだろうというイヤらしい心理
の使い方
は政治家の方は天下一品。


『東北の高速道路はそのまま無料を続けて欲しい』という被災地の声さえ届いて
いないのだから、何を言っても無駄なような気がするが・・・。

そう・・・無駄なんだな・・・・。

目眩の原因。

Posted by そらまめ on 13.2011 4 comments 0 trackback
週末、キャンドルナイトと称して・・・というわけではないですが
実家に帰って近所の従兄弟とバーベキュー。

まぁ色々と会話している中で、私のお酒の飲み方についてチラリと触れられた。
私が家族サービスと考えていた母親との就寝前トーク(『飲酒後』が正しいのか)

母:『はぁっもう疲れるっお母さん!!』

マジデカ・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・知らなかったよマイマザー。(滝汗)

晩酌では父上とばっかり話の花が咲いて、母上は片づけやらで席をはずすから
あんまり話が出来ないなぁと・・・。
だから父上が寝た後に少し女子トーク・・・なんて考えていた自分が恥ずかしい。
(本当ならすぐに部屋に引き篭もりたい孤高の趣味族なのよ?私は!!)

そうですか、疲れますか。
酒飲んだ私・・・・。

自称・楽しい酒ではあるけれど、根本的にクドイからなぁ・・・・。(遠い目)


母上にとっては笑い話だったかもしれないけれど、少し後に引く衝撃的な事実。
(ああ、この辺りがクドイのよね私)
数年も疲れさせていたのかと思うと・・・・・・呆然。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チッ。




まぁ・・・お酒を飲んでる人間とはテンションが違うから相手するのが疲れるのは
充分に解かるし、それで少しはお酒飲めるようになりたいって努力して、宴会で
中ハイやら梅酒にチャレンジしているのも本当に解かってますのよ。

んでもって、たまにはノンアルコールでお茶で付き合えってのも知ってますよ。



・・・・・・・・・・・・・・・・しょぼん。




秋田県民の多く(というか私)はお酒が入らないと無口なんです。
文字だと長文になるのは、つまりは話が下手だからなんですよね・・・・。

自分・・・・不器用ですから。
(姉上のようにはなれません)

親子でも結局は違う人間。
思いが空回りすることもあらぁな。
それでも『思っている』という気持ちは伝わっていると信じたい。(超前向き)

ええ、めげずにまた女子トークしますよ!
少しアルコールは控えめに・・・・。(遠い目)


お友達の皆様、もし私がお酒を飲んでクドくなってきたら遠慮なく言って
ください。(あくまでも冗談っぽくね。傷つきやすい末っ子ですから・・・・)

言われてもめげないけれど、少しは気をつける。
(↑魔女の宅急便みたいに)

妄想で遊ぶ。

Posted by そらまめ on 08.2011 2 comments 0 trackback
本は何のために読むの?
ドラマや映画は何が面白いの?

教育的な回答とすれば世界を知る・視野を広げるなどがあるかもしれない。
大人と子供のソレの捉え方は違うかもしれないが、私にとっての一番の理由は
【疑似体験】そのものである。


仁侠映画を見た帰り道は歩き方が違うという笑い話。
私はまんまそのタイプ。
おそらく誰にも見えないチャカを胸に潜ませ気分はオラオラなケンカ上等
(もともとガラが悪いのにね・失笑)

いつぞやはフランス革命の小説を読み『とりあえず、私はあなたを許すよ』
と意味不明な発言を呟いたり(これで解かるヒトはいるかなぁ・笑)恋愛小説
を読んでは突然に主人公を気取り『海へ行こう』と友達を誘ったり・・・・。

小説は脳内妄想だけですむが、ドラマや映画となるとまたタチが悪い。
映像がそのままダイレクトに入るから主観が強くなりすぎて、心底にヒトを
憎んだり時には愛したりと、物語が終わっても思いを引きずり続けるのだ。
(失笑)


その中で自分の一番のおバカ名言がある。

『歴史上の人物なんて好きになるんじゃなかった!!』

そりゃあもう過去の人間ですからね、すでに死んでますよ。
故人というより古人です。
しかも誰かの作った物語で、実際の出来事でもない。
なのに、リアルに別れの時が来てしまったような口ぶり!!
例え歴史大河ドラマでもラストに架空の物語です』と注意がきが必要なくらいの
ひどい妄想族。

だから私はあえて物語はSFやファンタジーを好む。
ハリー・ポッターのような魔法ファンタジーだけでなく、地球の未来の話や
宇宙、アメリカFBI、ヒマラヤ山脈に潜むイエティ、世界の歴史の物語。
時にはバカらしいほどのありえない設定でも気持ちは冒険の旅へ出れるのだ。

これをホラー小説と分類するのかは謎だが、私は恒川光太郎氏の世界が好きだ。
【南の子供が夜いくところ】は3冊目。
3冊目。
一貫して描かれているのは、【死】とは本当にあっけないものだということ。
そして続く【生】の存在。
残酷なようでいて当たり前の、生と死の繰り返しが私達の血と肉に宿り生かされ
ているのだと考えさせられる・・・・。


突然に迷い込んでしまう、本当にあるかもしれない【もうひとつの世界】・・・・。

ラストページ、私は『ようやく今、夢の入り口に立っているんだ』
そう思ったらゾクゾクしてきた。(バカだねぇ~この子は!失笑)





てか、図書館に返すの遅れてるーーーーーー。(滝汗)
HOME 

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。