スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と魂と。

Posted by そらまめ on 29.2011 2 comments 0 trackback
最近はあまりテレビを見ない日々が続いております。
(録画の時代劇と昼ドラは除いて・苦笑)

久々にニュースを見たら被災地へ向かう千葉県成田市の住職さんの話があった。
彼はもともと自殺願望のあるヒトの心のケアを大事にしている方で、テレビにも
紹介されているようなヒトらしい。

『物資などの支援ばかり騒がれているが、必要なのは心のサポート

そう言ってトラックに詰められるだけの敷き布団や水・食料を持って訪れた先は
小さな避難所の他に、気仙沼の遺体安置所。
体育館の中には騒然と並ぶ多くの棺おけ。
住職は誰に頼まれるでもなくココへ来て自らの気持ちでお経を唱える・・・・。
(おそらく、地元の住職さんもしていることなのだろうが)

お経を唱えている最中にも身元確認に来ている家族がいた。

被災地では未だ行方不明者が多く、遺体があっても身元確認されずにそのまま
置かれている遺体も多い。
例え確認出来ても火葬が間に合わず、次々と土葬をしていくしかない状態。
家族はこれで安心して避難先へ行けますと言って去っていった。
(行方不明の家族がいる方はその土地を離れることさえ出来ない人達もいる)


私は初めてお経の有り難味を感じて自然と涙が溢れてきた。

何度か経験している葬儀というのは、どこかシステムちっくに事が運ばれ(それ
は身内にとってはとても安心出来ることなのですが)、お経や説法までがお金の
ちらつきを感じるほどに・・・。

お経とは生きている人間にとっての別れの儀式。

この映像は私のその考えを180度変える出来事だった。
本当の意味で、亡くなった方の魂の供養。

その後、津波で全壊してしまった町を見下ろせる高台に行きお経を唱えた。
自然とヒトが集まり一緒に手を合わせる。
住職は去り際に名刺を渡し『いつでもいいから何かあったら連絡しなさい』と
言う。人間の心は時に強くもあるが、頭の理解とは違う儚いものでもある。



生き残った人々は色んな思いを抱えて、今を必死に生きている。
孫3人とお嫁さんを失った被災者の方が言っていた言葉を思い出す。
『亡くなった人間の思い出を背負って生きて行くというより、抱きかかえて
生きていくしかないんだ。』

抱きかかえて・・・なんて言葉、想像も出来なかった。
魂の叫びのような言葉だった。


テレビの向こうの悲痛な現状に私達は言葉を失うばかりで、本当の理解はして
上げられなくて、それでも寄り添ってあげたいと思う誰かの心があれば、救わ
れるヒトも居るんだと信じたい

Comment

v-22お経って、退屈で眠くなるときと、涙が出てくるときがあります
我が家のお寺の坊主はいらない・・・でも時にはお経を聞いていると、なくなった方の笑顔がパッと浮かんでくるときがあるんです
これがお経の力?なんて思ったりします

このお坊様、すばらしいですね
こんな方にお経をあげてもらったら、まっすぐに天国に行けそう

いまだに見つからない家族がいる、想像を絶する悲しみです
早くなんとかしてあげたい
2011.05.13 19:15 | URL | 葉っぱ #yDt/5Vf6[edit]
コメントありがとうございます。

様々な詐欺まがいな事件(または聖戦と言われる戦争)の多い
【宗教】ですが、苦しい時・・・やっぱりヒトの心を救ってくれる
のは【神の教え】が人類の歴史。
すがる思いは、その伝道者の【心】に打たれてのことだと考え
てます。

私は基本(the日本人)無宗教者であり、神の教えを説くヒトに
疑問を感じるような人間です。
漠然とした神様はきっといると信じていますが、見たこともない
【神の教え】に振り回される感覚は不思議な感じがするのです。
それは、それだけ平和な時代に生まれ育ったからなのかも知れま
せんが。

だから宗教者には無償の神の愛を貫いて欲しいと感じるのです。
物欲ではなく、心を救いたい。
それが真の宗教のカタチであると信じたくて。
ヒトの心を救うのが最終的には実際に触れ合うヒトの心だと信じ
たくて。

未だに行方不明の多くの方々の事を考えると、浜ッ子の私でらすら
海が怖く感じます。
こんな時だからこそヒトの内なる心の深さ・善良さを信じたいです。
2011.05.15 23:09 | URL | 管理人です #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2karaco.blog33.fc2.com/tb.php/572-875c7fd7

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。