スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見上げれば空。

Posted by そらまめ on 04.2011 2 comments 0 trackback
ぼんやり歩いていた。



最低限の社会性はまだ残っている。
ただ・・・・テンションが上がらないのだ。
気が付くと表情が固くひどく無表情・・・・覇気がない。

今、自分は心が乾いているんだと思った。



ある程度の生きてきた過程で、ヒトは自然に身を守る術を学ぶ。
身を守るとは犯罪や暴力だけでなく、【ココロ】も含めて。

一番簡単なのはココロを閉ざすこと。
まともに対峙しては自分のココロを壊しかねない状況、環境、対人において
何も感じないように、引きずられないように、堕ちないように事務的な処理
脳で事を運ぼうとする。

後は予備電力でその日をやり過ごすしかない。
電池交換で『はい、リセット!』と出来るほど人間の感情は簡単ではない。
だからそんな時はどんなに繕っても表情が死んでしまうのだ。




私はそんな状態にある自分に悲しさを感じる・・・
誰が悪いとか、何が原因とかそういう話でもない。
どれほどに似たような経験を重ねても決して慣れることのない虚無感・・・・。
この術の存在が寂しいのだ。



だからひたすらに、目的地に着くまでの数分・・・・ぼんやりと歩いていた。
そんな時に背後からの自転車の音。
すれ違いざまに話しかけられた。
『髪、長いわねぇ・・・・』
小柄なお婆ちゃんだった。後輪が2つの小さな自転車。
にっこりと優しく微笑んで、そのまま去っていった。

少し照れくさかった。
そんなに長いかなぁ?と肩甲骨の辺りに手を伸ばし、誰にも悟られないように
何度も自分の髪に触れてみた。


妙な気分である。
馬鹿げているかもしれないが、なんだか励まされた気持ちになったのだ。
空は相変わらずのどんよりとした梅雨空。
風も生ぬるく、決して爽やかな天候とは言えないが、その柔らかさが私には
優しく感じた。

いつも誰かに見守られ、何かに励まされている・・・。


幼稚な悟り。
この流れでそこに至る自分はカナリめでたい人間だと思う。
心の乾きで感受性のアンテナが狂っているのかもしれない。

でも、閉ざされていた視界が少しだけ広がったような・・・そんな今日の話。







そして、ここで吐き出してまた落ち着いて。(笑)
そう言えば、似たような話・・・・前にもあったような・・・・・はて?

Comment

そらまめさん。そんな感じでいらしたんだ~…
でも、ここで吐き出したから、もう大丈夫かな。^^

こころが乾いて、気力が落ちること…、私にもありますよ。
こんな私でも…、いや、しょっちゅうかな。
何をして生きてきたかな~、と悔恨にとらわれるとき。

私が川原の道を歩いているときは、大抵寂しい。
自転車を飛ばして、颯爽と!じゃないんだ~。
自転車を引いて、物思いに沈みながら歩いてる。

そらさんが、そのおばあちゃんの一言で、こころが
ふうっと緩んだって気持ち、わかる気がします。
きっと、きれいな髪なんだろうな。
きっとすごうく、素直な感想だったんでしょう。
それが嬉しいですね。
ああ、いい話だな。

そうだ!これからね、川原の道を一人歩いて
寂しいときは、そらさんの姿を思うよ。
HOBOさんのこともね。

あ。もう2時半だ。また夜更かししちゃった!
今、私の部屋は、梔子の素晴らしい香りに満たされています。
たった一輪、しかも小さな花。
この香り、届けてさしあげたいな。









HOBOさんとこで、よく書いてるけれど、最近私、ウイスキー
寝る前に飲むようになったのよ。昼間は飲みませんよ。
夜、誰もかれもが寝静まった時間、一人起きて、オンザロック。
なんか寂しいよ。
あんまりいい図じゃないなって思う。
2011.07.05 02:31 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[edit]
コメントありがとうございます。
(なかなかそちらには顔を出せなくてスイマセン・汗)

私は『白い花』を見つける度に彼岸花さんを思い出してますよ。
まだ見たことのないカズラやどくだみ草・・・これかなぁ?違う
なぁ・・・・どんな匂いがするんだろう?って。(笑)

今度は梔子の花も探さなきゃ!ですね。

真夜中にウィスキー・オン・ザ・ロックですか?
言葉だけなら少し憧れますね。
なんだかムードある素敵な大人な響き。(笑)

学生の頃は夏休みなど、よく深夜遅くまで一人で起きてラジオ
やBSで古い映画を見たり聴いたりしていました。
誰も知らない自分だけの時間・・・もしかして同じように起きて
いる知らない世界の誰かと同じ時間を共有しているような錯覚
にワクワクを覚えたり。

でも寂しいお酒はより寂しさを増してしまうのでは?と心配
しちゃいます。

素敵じゃないですか。
静まり返った真夜中の部屋に広がる花の匂い・・・誰かの思い出。
『真夜中』という秘密めいた闇に情緒を求めて。
彼岸花さんなら何か素敵な作品が生まれそうですよ。

HOBOさんに負けずに、何かを生み出したいと思う今日この
頃のそらまめでした。(笑)
2011.07.06 00:00 | URL | 管理人です #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2karaco.blog33.fc2.com/tb.php/589-f4607db3

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。