スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまり。

Posted by そらまめ on 09.2011 2 comments 0 trackback
幼い頃から陽のあたる場所を見つけて眠るのが好きだった
小さな動物のように丸くなって眠るのが好きだった

幼稚園の黒いオルガンの上
父親の運転するセダンの後部座席の上の隙間
道端に倒され置かれていた古い錆びたドラム缶
夏の日の祖母の家の縁側
誰もいない体育館のゴム臭い床
昼休みの机
海の傍に停められた車の助手席


大の字になって雪に埋もれて空を見上げるのが好きだった

屋外プールで仰向けになってプカプカ浮かぶのも好きだった

スピードを上げた車の窓から顔を出すのが好きだった

自分のカラダが自然と一体化しているような感覚が好きだった



秋の日、窓から差し込むひだまりを見つけた
温もりを探すように静かに横になる私の顔にひだまり

私はいつかの日を迎える時には、こんなひだまりの中で逝きたいと願う

Comment

ひだまり…
良いですね。

そらさん。なんだか可愛いなあ…!
そんな少女でいらしたんですね。
いや、今もそうなんだな。
私ね、人間って、体は成長するけれど、こころって
基本的に成長しないんじゃないかしらって、この頃思うのよ。
わたし、60とっくに過ぎてるんだけど、こころはね、なんだか、
5歳くらいのあたしのままな気がする。5歳の私は、赤い実が欲しいんです(笑)。

そらさんはそんなことをして、したいと思って大きくなってこられたのね。
なんだか貴女に会ってみたいなあ…

そらさんはひょっとすると、前世は猫ちゃんだったかもですね。
私は赤い実をついばむ小鳥でした、きっと!^^

前の記事のおいしそうなお芋、見てたら、甘いものが無性に食べたく
なって、深夜、体に悪いと思いつつ、今、ドーナツが、パソコンの横にありま~す!
(爆)
おやすみ~♪

2011.11.11 02:02 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[edit]
小さいころは両親が共働きのために近所の祖母の家に預け
られていました。
それでフラリと一人で冒険に出て行ってドラム缶の上で寝て
いたり・・・。
私には何も不思議なことはなく自然なことだったのですが
母は近所のヒトからそんな話を聞かされて泣きたくなった
と今でも言います。
(近所で有名な不思議な子供だったらしいです・爆)
時折懐かしく思うのは、あの頃、私の時間の流れは他のヒト
よりゆっくり流れていて、光が注ぎこまれる瞬きも見えて
いたような気がします。
きらきらと。(多分、塵だと思いますが・失笑)

ああ、ネコ・・・確かにネコっぽいですね行動が。
でも好きなのは切なくなるくらい人間に従順な犬。(笑)
あの震災の翌日、偶然にも可愛がっていた親戚の犬が亡く
なってしまってモフモフ触れないのが今のストレスです。

鳥も含めて、動物って本当に可愛いなぁ・・・。
2011.11.11 20:19 | URL | 管理人です #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2karaco.blog33.fc2.com/tb.php/616-6cfc9dfc

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。