スポンサーサイト

Posted by そらまめ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まるものと終わるもの。

Posted by そらまめ on 16.2012 4 comments 0 trackback
これから京都⑥
沈む夕日より、登る朝日に切なさを感じるのは私だけでしょうか。

こちらは昨年、夏の終わりに行った伊勢神宮参拝ツアー(←自称)の際に
見た有名な夫婦岩(二見輿玉神社)からの朝日です。
参拝の前にその辺りの宿場に泊まり、朝日と塩で禊ぎをするという旅プランには
連れて行った我が両親も大満足でした。(早朝5時過ぎからスタンバイ)


明日のダイヤ改正に向け、本日ラストランを迎えた【初代のぞみ300系】と
【100系】の話題の影に東北でも密かに終わりを迎える列車があります。

【寝台特急日本海】別名ブルートレイン、青森発の大阪行き。

夕ご飯を食べ、お風呂に入ってから最寄の駅からの乗車。
私の京都好きもあり、姉が関西に嫁いでからはよく家族で愛用したものでした。
特に母は歳のせいか不眠もあり寝台ではよく眠れないのですが、この寝台列車の
ガタンゴトンという音を聴いているだけで郷愁を誘われるようで毎回利用するの
を楽しみにしていました。
まさに3丁目の夕日がごとく集団就職の時代を思い出したのでしょうか?
(あれ?お母さんってそんな歳?多分違うような・・・苦笑)

私が初めて利用したのは修学旅行。
その頃はまだ特急列車は種類も本数も多く、利用者も多かったような気がします。
真っ暗な闇の中をガタゴトと音を立てて走る長く連なった閃光。
時折通る踏み切りの音が近づいては再び遠ざかる切なさ。
日常とは違う、眠るのがもったいないくらいの不思議な時間。
今ではこんな楽しみ方も覚えてしまって・・・。これから京都①(笑)



時間をお金で買う。
それがつまりは便利さを追求することでもあるのかもしれない。
でも私は長い時間をかけて目的地に向かうこんな旅の方が贅沢な時間の使い方の
ようにも思える。

日本海は今夜でラストラン。
これで東北~関西の特急列車は全てなくなると思うと、本当に名残り惜しい。

Comment

わ~ん!!!そらさ~ん!
この記事、あんまりよくって、涙が出てきちゃったよ~~~~~!!!

そうなんですか!『寝台特急日本海』!
今夜がラストランということは、今頃日本海に沿って夜の中を走っている??!!
あ~、その姿が想われます。

夜汽車って、とりわけ冬の夜汽車っていいのよね~。
ほんと、そらさんがまさに描写なさったとおりなの!
『真っ暗な闇の中をガタゴトと音を立てて走る長く連なった閃光。
時折通る踏み切りの音が近づいては再び遠ざかる切なさ。
日常とは違う、眠るのがもったいないくらいの不思議な時間。』

暖房が効いて頬がかっかと熱くってね。でもどこか背中か足元かなにか
寒いところもある。風邪をひいて熱っぽい時のような、真っ赤な
ほっぺたをした自分の顔が、暗い窓ガラスに映ってるの。
その向うの暗闇を、時折、遠くにポツンと灯った人家の明かりや、
誰もいない踏みきりやがそう、通り過ぎていく。
耳がなにかわ~んと籠って、近くの席の人の声が奇妙な現実感のない感じで降ってくる…
寝台になったとき、トイレなどから列車の揺れに少し足を取られながら
戻って来る時の感じもいいわよね♪

私が九州から高校卒業して、東京に出て来たときは、なんと寝台特急でも、
丸一日近くかかったのよ!朝。母と別れて、翌朝早く品川駅に着いた。
そこに、義兄が待っていてくれた!

高校の時の列車通学はね、時々だったけれど、博多から京都まで
なんと各駅どまりで行く、あの、茶色の古い車体の列車に乗り合わせることが
ありました。昔の映画に出てくるようなやつ。
いつか、これに乗ってはるばる京都にまで行きたいなあ、って思ってた。

そうそう。早いばかりが能じゃない。
『長い時間をかけて目的地に向かうこんな旅の方が贅沢な時間の使い方のようにも思える。』
…ほんとに私もそう思います。

ばいばい、日本海。お疲れさま~~~♪♪♪

あ~、いい記事~~~!!!^^
なんか忘れられないものになりそう…



2012.03.17 01:03 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[edit]
新しいモノ、古いモノ。

苔生した古い寺社を眺めていると歴史を感じ、普段見当たらない
(持ち合わせいない??)信仰心にも似たような想いがウカツにも
芽生えてきそうな感覚に囚われますよね。(失笑)
それでも、建立当時の人間にとってはそれらは新しいモノであって。
この古い寝台列車にも生まれたばかりの時代があって、それを見て
目をキラキラ輝かせていた子供や大人達が確実にいて・・・。

数十年後の将来、今の子供達も何かの終わりに出会う時、私達が
感じているように懐かしむのでしょうか。

永遠に続くような、行き先を知らない不安と期待の入り混じった
夜を抱いてガタンゴトンと夜汽車は私達を新しい朝へ連れて行く。
そんなドキドキをいつまでも求めていたいなぁ・・・。

まぁ、田舎にはまだ夜行バスがあるけどね。
(多分、かなりの愛用者です・失笑)

いつもありがとうございます。
2012.03.22 19:18 | URL | 管理人です #-[edit]
そらさ~ん。
HOBOさんが、お休みしちゃうの!
2012.03.22 21:13 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg[edit]
人間はどんなに頑張っても常に同じテンションを保っていられる
ほど強くはなれないですよね。
ちょっとした風に煽られたり雨に降られたり、時には強すぎる
太陽の日差しにうなだれて・・・。(私なんてしょっちゅう・・失笑)
彼岸花さんや私もそうだったようにHOBOさんにも時間が必要
なのだと思います。

しがらみも何もない、何も考えない時間。


でもやっぱり寂しくなったりして・・・。

人間の感情は実に繊細で複雑で面倒で、だからこそ愛おしい
のかなと超ポジティブシンキングな私。(笑)
『頑張れ自分』できっと戻ってきてくれますよ。
2012.03.23 23:31 | URL | 管理人です #-[edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2karaco.blog33.fc2.com/tb.php/631-8059394e

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内☆検索

月別アーカイブ

フリーエリア

☆☆佐吉のタレ☆☆
佐吉のたれ



リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

FC2ブックマーク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 2階からCOFFEE/本日のおすすめ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。